三原麗珠(香川大学教授)の経歴や学歴は?炎上したセクハラツイート全文と目的がやばい

   

近年、セクハラに絡んだ騒動が続いて

いますが、また新しいセクハラツイート

による炎上が巻き起こりました。

 

問題のセクハラツイートで炎上が

起こっているのは香川大学教授の

三原麗珠氏です。

 

いったいどの様な内容で

炎上したのでしょうか?

 


スポンサーリンク


 

三原麗珠じゃないかも「僕の趣味はセクハラです。気持ちいいじゃないですか」

 

唐突に、大学教授がつぶやいた

「僕の趣味はセクハラです。気持ちいいじゃないですか」

 

という一文は、かなりのインパクトが

有り、やはり炎上という結果になりました。

 

ちょっとした流行語かトレンドに

なりそうな言葉の力がありますよね

悪い意味で(笑)

 

それら騒動の元となった問題のツイートは

こちらになります。

 

 

 

他にも、過去に遡るといくつもの

セクハラと言われてもおかしくない

ような発言が出てきます。

 

このツイートをしたアカウントは

「三原麗珠じゃないかも」という

名前になっており、後の取材で

香川大学教授の三原麗珠氏で

有ることが確定しています。

 

 

香川大学教授の三原麗珠氏の学歴や経歴は?


スポンサーリンク


 

現在、本人も取材などで認めている

ことから、このアカウントが

三原麗珠氏本人であることは

確定しています。

 

 

彼の経歴について調べてみます。

 

facebookによると

国際キリスト教大学

ミネソタ大学

を卒業されているようです。

 

 

研究者氏名 三原麗珠 ミハラ レイジュ

 

研究分野

経済学 / 理論経済学 / 社会選択
経済学 / 理論経済学 / メカニズムデザイン
経済学 / 理論経済学 / ゲーム理論

経歴

2013年4月 - 現在
香川大学 図書館 教授

2013年12月 - 2014年3月
筑波大学 大学院人文社会科学研究科 非常勤講師

2008年10月 - 2013年3月
香川大学 図書館・情報機構 教授

2004年4月 - 2008年9月
香川大学 大学院地域マネジメント研究科 教授

2003年6月 - 2006年3月
香川大学経済学部教授

2000年9月 - 2002年3月
カリフォルニア工科大学 人文社会科学科 経済学客員研究員
学歴

ミネソタ大学 大学院 経済学博士課程
ミネソタ大学 大学院 数学修士課程

引用:https://researchmap.jp/reiju/

 

 

三原麗珠氏は現在香川県高松市に

お住まいで、香川大学図書館に所属

する教授で、研究分野は以下の通り。

 

社会選択,協力ゲーム理論,メカニズム・デザイン,経済理論,ミクロ経済学,規範経済学.研究業績は researchmap のページを参照.研究内容を表すキーワードはアローの不可能性定理,計算可能性,単純ゲーム,中村ナンバーなど

引用:https://www5.atwiki.jp/reiju/pages/30.html

 

 

ツイートも、経済やゲーム理論の観点

から語られていることが多いようです。

 

今回の問題も、三原麗珠氏がもっとも

重点を置いているとされる社会選択理論

を論拠にしてのセクハラ発言と言えるか

と思います。

 

社会選択理論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

社会選択理論(しゃかいせんたくりろん、英語: social choice theory)は、個人の持つ多様な選好を基に、個人の集合体としての社会の選好の集計方法、社会による選択ルールの決め方、そして社会が望ましい決定を行なうようなメカニズムの設計方法のあり方を解明する理論体系である。

 

 

他にも数々ある過去のセクハラツイート


スポンサーリンク


 

さかのぼってこのアカウントを調べて

みると、時々セクハラ的なツイートが

含まれていることが確認できます。

 

 

そのツイートだけに着目すると

確かにこの「僕の趣味はセクハラです。」

という発言が裏打ちされているようにも

見えます。

 

 

このツイートはわざと炎上を狙ったものなのか?


スポンサーリンク


 

ところがこの炎上のさなか

香川大学教授の三原麗珠氏本人は

非常に堂々としています。

 

どうも本人的には狙って炎上させた

というようなニュアンスを含んでいる

ようです。

 

 

問題のツイートに関しても

この様に続けています。

 

 

僕はただ内心の自由は絶対に守りたいし,表現の自由もよほどのことでは手放したくないだけさ

 

この辺りが、問題発言をしている

考え方の基本になっているようです。

 

 

ただ、こちらのツイートでは、睡眠薬が

効いている時にツイートしたと書いて

いる辺りが、微妙に逃げ道を作っている

感じがして、少し潔くない感じもしますね。

 

 

ただ、この主張には納得する部分もあり

セクハラするかしないかを言葉で宣言

することは無意味であるという趣旨に

は一定の理解は感じます。

 

 

この部分について、三原麗珠氏は

取材に対してこの様に答えています。

 

 この教授は3日、KSBの取材に対して「自分が投稿したものだ」と認めました。
その上で、「財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、国会議員が『セクハラはしません』と宣言していることがナンセンスだと感じ、反発した。研究者として表現の自由が守られるべきだ」と主張しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00010002-ksbv-l37

 

一連の際どいツイートを見ていると

表現の自由に対して一言問いたい

内心の自由や表現の自由を守りたい

 

というような意図があることは

間違いないでしょうし、そのことから

一連の問題発言になっているものを

わざとしているという印象を感じる

ことは出来ます。

 

 

言うこととやることは別、どこまでが

表現の自由なのか、これは最近確かに

重要なテーマになっている部分はある

と思います。

 

 

わざわざ国会議員がセクハラをしませんと

言っても、そんなことには実際には中身が

無いわけですし、それでもそれを言うこと

言わせることが日本の慣習だからという

ようなニュアンスでいいのだろうかという

のは、企業のちょっとしたトラブルでも

 

やたら過剰に謝罪させたり、被害者が

報道陣の前でなぜか平謝りしているような

状況がそのままでいいのかということにも

つながる、現代日本の一つの問題提起とは

言えるでしょう。

 

発言の一部だけが切り取られて、印象操作

に利用されるというのも、現代における

問題であることも確かに間違いないでしょう。

 

 

アカウント名の三原麗珠じゃないかもの

「じゃないかも」にも、表現の自由的な

部分で含むニュアンスがあるようにも

見えます。

 

 

ただ、表現の自由だからと言って

何でも言ってもいいわけではない

のは当然のことですよね。

 

それなら、そもそもセクハラの

概念は存在しないわけですし。

 

 

この様な個人のツイートのようなものが

どの程度セクハラだと言えるのかどうか

その線引も今のネット社会の課題である

こともまた間違いのないことでしょう。

 

 

しかし、もっと本質的なこの問題の根本は、目立ちたいから?


スポンサーリンク


 

とはいえ、この三原麗珠氏のツイートを

流し見ているだけでもすぐわかりますが

基本目立ちたい系の人であるということ。

 

承認欲求のはけ口の一つとして

このツイートは使われていますよね。

 

 

そして、今回の問題が浮上した前後にも

そのへんが漏れ出てしまっているような

ツイートがあります。

 

 

これは、三原麗珠氏と同じ社会選択理論で

有名な、慶應義塾大学教授の坂井豊貴さん

が、子供とのやり取りについてツイート

した件が炎上したものい対するリプライ

です。

 

普段、同じ様な子供への教育発言をして

いる自分との比較で、気にしていたり

うらやましがっていたりする様子が

伺える発言だと思います。

 

 

つまり、この人は言いたいことはさておき

その手前に目立ちたい精神が大きく存在

しているのかなと言うところはちょっと

気になるところですね。

 

それが必ずしも悪いとは思いませんが

炎上して破綻するパターンにはこの

タイプが多いので、そこは注意された

ほうがいいかなと思ったりしました。

 

まあ、すでに炎上してるから

遅いかもですけどね……(笑)

 

 

香川大学の筧善行学長は「教育上の観点から不適切な内容であり誠に遺憾。学内規則などに照らして、適切に対処を行うとともに再発防止を徹底する」とコメントを発表しました。

 

本人の主張はさておき、結局学校側

からも問題視されてしまうわけです

からね……。

 

 

Sponsored Links

 - 社会