ブロック塀の建築基準法違反の増築に高槻市長は気付けなかったのか?地震で倒壊の可能性は他にも多数あり

   

2018年6月18日早朝に大阪府北部

で発生した震度6弱の巨大地震。

 

現時点で4人の被害者と370人以上の

負傷者など、大きな被害が報告されて

います。

 

 

その中でもとても悲しい出来事が

9歳の女の子が小学校のブロック塀

下敷きになって亡くなってしまった

というものです。

 

続報が流れる中、このブロック塀

建築基準法違反であり、人災である

可能性が浮上してきました。

 

 

【関連記事】

地震報道でNHKがデマを流していると話題?共産党のマッチポンプもあり

地震報道などでのマスコミの不謹慎取材を見るける方法が発見され話題に

辻元清美議員の周りで広がる言論弾圧とは?闇深すぎとネットが騒然

 


スポンサーリンク


 

高槻市はこのブロック塀が建築基準法違反で有ることを認める

 

震度6弱という、かなりの巨大地震の

なかで、多くの被害が発生しましたが

この9歳の女の子が亡くなったという

出来事は、中でももっとも悲劇的な

被害だったと言えるかもしれません。

 

 

その死亡原因である、ブロック塀の倒壊。

 

当初からその状況の不自然さから

建築基準法違反ではないかという

話題が上がっていましたが、震災

発生当日の夜に高槻市の教育委員会

がそれを認める記者会見をしました。

 

 

倒壊のブロック塀は「建築基準法違反」高槻市

 

大阪 高槻市の教育委員会は、小学校のブロック塀が倒壊して4年生の女の子が死亡したことについて、この塀が建築基準法に違反していたことを認めました

高槻市の教育委員会は、市内の寿栄小学校でプールのブロック塀が倒壊し、4年生の三宅璃奈さんが死亡したことについて、18日夜、記者会見しました。

それによりますと、ブロック塀は長さ40メートルで、地上からの高さが3.5メートルだったということです。
建築基準法では、高さが2.2メートルを超すブロック塀をつくることは認められておらず、教育委員会は、法律に違反していたことを認めました。

業者に委託して、3年に1度、学校内の設備を点検していましたが、ブロック塀については、点検の項目になかったということです

また、学校が、この塀が設置された時期や経緯について、警察から事情を聴かれたことを明らかにしました。
今後、なぜ違法な状態が見過ごされてきたか調べるとしています。

高槻市教育委員会教育管理部の田中宏和部長代理は「基準に合わないものを設置していたことには、市に一定の責任があると考える」と述べました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011484231000.html

 

これには、やっぱり…という印象

を持った人も多かったと思います。

 

 

報道で倒壊原盤の写真を見る限り

素人目にも少し違和感を感じました

がネット上では建築方法への指摘が

相次いでいました。

 

多く指摘されていたのは

 

  • 控え壁が無い
  • 鉄筋が無い
  • そもそも高すぎる

という点だったように思います。

 

 

あらゆる専門家が存在しているネット上

では、多くの可能性について検討される

速度が本当にすごいです。

 

実際に、これらの指摘は正しかった

という結果になりました。

 

 

そして、その日のうちに、高槻市は

実際に建築基準法違反だったことを

認めることになります。

 

これでは、人災である可能性が

あると言わざるを得ないでしょう。

 

 

高槻市長は建築基準法違反に事前に気がつくことが出来なかったのか?


スポンサーリンク


 

人災であるのならば、防ぐことは

出来なかったのか?事前に気がつく

ことが出来なかったのか?という

ところが問題になってきます。

 

その点で、非情に気になる点が

事故が発生した高槻市長濱田剛史氏

のFacebookにありました。

 

 

 

こちらの投稿は、今からおよそ

5年前の2013年9月24日のものです。

 

まさに、今回の事故が発生した現場

そのものに立ち、視察を行っている

様子が写されています。

 

 

濱田剛史市長の身長の倍近い高さ

ですので、81年以降に施行された

という建築基準法の上限2.2mより

高いのは明らかでしょう。

 

 

この写真の段階でも、上半分は継ぎ

足したような作りになっているのが

わかります。

 

報道で見ると、この継ぎ足し部分が

崩れた形になっていました。

 

 

市長と言っても、建築の

知識があるとは限りません。

 

ですから、気が付かないとしても

仕方のない部分もあるのかもしれ

ません。

 

 

しかし、この写真を見れば、市の

最高責任者が建築基準法違反の

ブロック塀を視察しておきながら

 

なんとかならなかったのかと

どうしても思ってしまいます。

 

 

他にも建築基準法違反のブロック塀が多くある可能性


スポンサーリンク


 

今回の事故が起こったブロック塀は

小学校のプールに設置されていた

ものでした。

 

近年、小中学校のプールに、この様な

高いブロック塀や、それに類する

違和感のある壁が設置されている

ケースが多く見られます。

 

 

これは、近年のノゾキから児童を守る

対策として全国的に作られているもの

だと思います。

 

私が子供のときにはあまり無かったもの

で、最近学校の横を通ると、異常に高い

壁が作られているのに気がつくことが

ありましたが、それもその手の対策に

よるものなのでしょう。

 

 

もし子供を守るために作ったもので

守るべき子供が被害にあったのだと

したらいたたまれませんが……。

 

 

しかし、だとすると、この事故が

起きた高槻市や、他の日本中の

学校でも同様のブロック塀がある

可能性があると思います。

 

 

そこでネット上の地図で調べてみると

似たようなブロック塀は思いのほか

簡単に見つかりました。

 

同じ高槻市の小学校を検索してみると

この様な結果でした。

 

市立富田小学校

 

市立赤大路小学校

 

市立津之江小学校

 

引用:google map

 

 

他いろいろ調べてみましたが

確かに高槻市以外にもプール横の

ブロック塀の目隠しはあります。

 

しかし、高槻市の小中学校はちょっと

多すぎな気もしますが……。

どうなんでしょうかねぇ……。

 

 

しかも、今回崩れたものと同じ

継ぎ足した様な形状のものも

多く存在しています。

 

今回の地震で、他にも崩れたものが

無かったのかも気になるところです。

 

 

高槻市の生コンというと例の辻元清美議員を思い出す


スポンサーリンク


 

高槻市というと気になってしまうのは

生コンの女王とも名高い立憲民主党の

辻元清美議員を思い出してしまいます。

 

もしかすると、このブロック塀の

使われ方に関わっていたりとか……

考えすぎでしょうかね?

 

 

辻元清美議員の地元での災害にも

かかわらず、メディアやSNSなど

でも本人からなにも発信がないの

も気になります。

 

 

いずれにしても、もし地元にも同じ様な

危険な壁があったら、自治体に対策を

依頼するということも、我々にできる

ことかもしれません。

 

悲しい悲劇は、どうかまた

起こらないでもらいたいものです。

 

 

【関連記事】

地震報道でNHKがデマを流していると話題?共産党のマッチポンプもあり

地震報道などでのマスコミの不謹慎取材を見るける方法が発見され話題に

辻元清美議員の周りで広がる言論弾圧とは?闇深すぎとネットが騒然

 

Sponsored Links

 - 政治