日本語が不自由な蓮舫さんに教えてあげたい これが本当の神ってるだ!

   

こんにちは!境子です!

 

先日は初の党首同士の討論と

いうことで、安倍総理と民進党

党首の蓮舫議員が、国会で議論を

交わしました。

 

しかし、蓮舫さんの発言はあまりにも

ツッコミどころ満載で、もしかすると

見ているまともな日本人の脳の血管を

破壊することで国民の寿命を短くしよう

という戦略なのではないのかと

思うような、ひどすぎる内容でした。

 

 

全てにツッコミを入れてしまうと

全文書き起こしになってしまうため

今回は一部としまして

 

「神ってる」の使い方について

少しコメントしてみたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

日本語が弱いため「神ってる」の意味がよくわかっていないらしい蓮舫さん

 

今年も物議をかもした

ユーキャン新語流行語大賞ですが

12月1日に発表された2016年の

年間大賞は「神ってる」でした。

 

 

これは、広島カープの活躍に

対しての言葉として選ばれました。

 

 

私個人的には、まったく神ってるが

本年の流行語だとは思いません。

 

なぜなら周りで今年特別にこの言葉を

使っていた人がいないからです。

 

 

まあ、毎年野球用語をねじ込んでくる

この流行語大賞は、つまり野球ファンの

審査員であるところのやくみつるさんの

野球用語枠なのでしょう。

 

 

それでも「神ってる」の意味は

普通にわかります。

 

普通に日本人ですからね。

 

 

要はこの言葉は「神がかってる」を

短くしたフレーズですよ。

 

 

基本的に神がかっているとか

神っているとかは、相手を肯定的に

すごいと表現する時に使う言葉です。

 

それこそ神のように超常的な

というようなことですよね。

 

基本的にはスポーツの

スーパープレーなどに使われています。

 

 

しかし、蓮舫さんの討論での

使い方はこのようなものでした。

 

 

蓮舫議員「首相の答えない力、逃げる力、ごまかす力。まさに『神ってる』」


スポンサーリンク


 

産経新聞さんの記事から

一部引用させていただきます。

 

 

民進・蓮舫代表の質問は間違いだらけ 「息をするようにウソをつく」「まさに『神ってる』」安倍首相批判は空回り

首相は経済政策への批判に対し、経済が停滞した民主党政権時代を念頭に「反省から始まらない限り、皆さんに対する支持は戻りませんよ」と諭すなど、余裕の答弁ぶりだった。

それでも蓮舫氏は「首相の答えない力、逃げる力、ごまかす力。まさに『神ってる』」と今年の流行語を使って“ドヤ顔”を見せ、記者団には「自分なりに聞きたいことは聞けた」と自賛した。民進党幹部も「100点だ」と持ち上げたが、民進党支持率が1桁台に沈む理由がよく分かる党首討論だった。

引用:http://www.sankei.com/politics/news/161207/plt1612070041-n2.html

 

ね、頭悪いでしょ。

 

これ、こういう場面で

言う言葉じゃないですよ。

 

 

百歩譲って皮肉だとしても

全然うまい皮肉になってません。

 

むしろ、発表されたばかりの流行語を

無理矢理にでも使って注目されたいだけ

という、自己顕示欲からにじみでて

しまっている悪臭に、まともな日本人は

眉間に皺を寄せるだけでしょう。

 

 

まあ民主党時代の数々の政策の失敗を

もって、安倍総理の行いを神の如くと

称えるのであれば、少しは反省も

してるのかなとは思いますが

そういうことでは無いでしょうね。

 

 

まさに神ってる!クリロナから学ぶ本当の神ってる

 

 

蓮舫さんが、神の正しい使い方を

学ぶべきツイートがありましたので

引用させていただきます。

 

サッカー界の現役最高選手の一人で

現在世界のアスリートで最高年俸を

受けているクリスティアーノ

ロナウド選手が、2014年に来日した

際の記者会見の席での出来事でした。

 

 

 

たどたどしく

一生懸命考えてきた質問を

メモしてきたポルトガル語で

目の前のスーパースターに質問する少年。

 

「夢を叶えるためにはどうしたらいいですか?」

 

ぎこちないその姿に

会場から笑いが起こりました。

 

しかし、毅然とクリスティアーノ

ロナウドは記者達にこう言いました。

 

「なぜ笑うんだい? 」

「彼のポルトガル語は上手だよ」

 

 

「神対応」

「神ってる」

 

もしこの時のクリスティアーノ

ロナウドを表現するなら

まさにこのような言葉が適切でしょう。

 

神という言葉はこんな時にこそ

使ってほしいものです。

 

 

国会議員とは、他人を皮肉ったり

貶めたりする職業ではありませんよね?

 

周りを必死でこき下ろすことのために

我々は税金を払い、票を付託して

国会議員の方々にお仕事を

お願いしているわけではありません。

 

 

クリスティアーノ・ロナウドほどとは

言いませんから、蓮舫さんにもせめて

少しは世の中をプラスにするような

言葉を使うようにしてもらいたいものです。

 

 


スポンサーリンク


 - カルチャー, 社会