蓮舫議員二重国籍を認める!公選法違反の経歴詐称を追求せよ!

      2017/03/10

こんにちは!境子です!

 

2016年9月13日の今日、

ついに蓮舫議員が、台湾国籍を

除籍していないことを認める

記者会見を開きました。

 

代表選を直後に控え、ぎりぎりの

タイミングでの対応となりました。

 

本人は、これでなんとかなると

思っているのかな……。

 

そんなわけ無いですよね(笑)

明らかな経歴詐称ですから

しっかりと議員としての

責任をとってもらいましょう!

 


スポンサーリンク


 

歴史的事件とも言える国籍の詐称を蓮舫議員が認める

 

本当に驚きのニュースでしたね……。

 

民進・蓮舫代表代行「台湾籍残っていた」 党代表選辞退はせず

 

民進党の蓮舫代表代行は13日午前、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑に関し、「17歳で放棄したと認識していた台湾籍が残っていた」と明らかにし、「記憶に頼って発言したことが混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。国会内で記者団に述べた。

蓮舫氏側は今月6日、台湾当局に国籍を放棄する書類を提出しており、現在手続きが進められている。

立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。

蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明していた。だが今月6日に「確認が取れていない」として、関係者が代表処に除籍を照会し、12日夕に代表処から国籍が残っている連絡があった。

引用:http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n1.html

 

 

「17歳で放棄したと認識していた台湾籍が残っていた」

 

国籍ですよ?

国籍のような大切なものが間違って

認識しているとかあり得ませんよ!

 

もし仮に、間違って認識していたとしたら

このような大切なものを間違えるような

レベルの人は、国会議員を務める

ことは間違いなく無理でしょう。

 

いずれにしても、これは

とんでもない大問題です。

 

 

「記憶に頼って発言したことが混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。

 

単に嘘をついたということですから

お詫びとかそんなことで済みません。

 

謝って済んだら警察も国会議員も

要らないんですよ。

 

 

立候補している党代表選辞退しない考えを示した。

 

ここはきっと笑うところなのでしょうね。

ギャグで言ってんでしょうか?

 

これで党代表とかなったら、日本の

政治の歴史的に残る事件でしょうねぇ。

 

それはそれで、ちょっと

見てみたいですが(笑)

 

 

経歴詐称は公職選挙法違反で懲役二年以下


スポンサーリンク


 

公職選挙法では、以下のように

規定されています。

 

公職選挙法235条「虚偽事項の公表罪」 当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、(中略)に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

 

こちらは二重国籍のような曖昧な

条件のものではなく、国会議員を

辞職すれば済む問題でもなく

刑罰レベルの問題です。

 

公職選挙法では

経歴詐称は犯罪なんですよ。

 

 

蓮舫さんは「台湾籍から帰化」と

経歴に記載をして、過去3回の

選挙を戦っています。

 

現在はなぜか削除されていますが

2013年頃までは公式ホームページ上の

プロフィールはこのようになっていました。

 

rennhoukika

今の時代、消してもね

逃げられないんですよ……。

 

 

民主党の公式なプロフィールでは

蓮舫さんは同様に、台湾籍から帰化

と記載しています。

 

 

8

 

二重国籍であったことは、遵法精神

から考えて国会議員の資質に

重大な問題ありとも思いますが

とりあえず今回は別問題とします。

 

今回の最もアウトなポイントは

この経歴詐称ということに

なるでしょう。

 

「虚偽事項の公表罪」であれば

国会議員の辞職どころか犯罪者ですよ。

 

 

過去に学歴詐称で二人の国会議員が

議員を辞めています。

 

国籍の詐称は、学歴の詐称などより

遥かに!遥かに!重いものですよ。

 

これは知らなかったなどという

言い訳では、免れられません。

 

 

蓮舫さんは、知らなかったと言って

シラを切るつもりでしょう。

 

しかし百万歩譲って知らなかったと

しても、国籍を知らない国会議員など

とてもじゃないですがあり得ません。

 

よって、知っていてもアウト。

知らなくてもアウト。

 

というのが普通の感覚なのですが

民進党の議員さんたちでは

そんなの理解できませんかね(笑)

 

 

蓮舫さんの悪あがきは、その地位に

しがみつこうとすればするほど

日本と台湾両国の国益を

日々損ない続けている状況です。

 

今回の二重国籍問題は、ネット発で

問題が広がり、やっとここまできました。

 

あと一息、日台の国益の為にも

ネットの方々に頑張ってもらいたいなと

応援しつつ、私も微力ながらなんらか

アシストできればなと思っています!

 

本当に、今の情報の流れはすごいですね。

確実に世の中が変わっているなと感じます。

すごいです、ほんと!

 


スポンサーリンク


 - 政治, 民主党・民進党, 蓮舫