ウォン・シャノンと佐々木導成の顔画像や出会ったコスプレ会場を調査!しかし怪しい点が続々と…

      2018/08/01

カナダ国籍のウォン・シャノン佐々木導成の両容疑者が偽装結婚の疑いで逮捕されたという報道がされました。

 

とても短い内容のニュースなんですが、気になる点がいくつもありますね……。

 

顔画像や出会ったとされるコスプレイベントなど調べてみました。

 

記事最後に追記あり

(未確定コスプレ画像あり)

(インスタグラム画像あり)

(二人が出会ったイベントの情報追記)

(NHKの番組にも出演していた)

 


スポンサーリンク


 

偽装結婚の容疑でカナダ国籍のウォン・シャノンと佐々木導成両容疑者が逮捕

 

 

日本でコスプレしたくて偽装結婚 カナダ人の女逮捕

日本でコスプレをしたいと、コスプレ会場で知り合った男に偽装結婚を持ちかけた疑いで、カナダ国籍の女が警視庁に逮捕された。

 

カナダ国籍で風俗店従業員のウォン・シャノン・ダニエル・ジャン容疑者(29)は、2016年6月、結婚する意志がないのに、建築作業員の佐々木導成容疑者(37)にうその結婚話を持ちかけ、事実ではない婚姻届を提出した疑いが持たれている。

 

2人はコスプレ会場で知り合い、ウォン容疑者は、ロリータファッションができる日本に住んで働きたいとして、佐々木容疑者に偽装結婚を持ちかけたという。

 

ウォン容疑者らは、容疑を認めているという。

引用:https://www.fnn.jp/posts/00397630CXL

 

 

偽装結婚の容疑で逮捕されたカナダ人女性と日本人男性という、結構短いニュースなのですが、正直結構ツッコミどころが満載な内容な気がします。

 

とはいえ、一番気になるのは「ロリータファッションが好きすぎて偽装結婚までしてしまったカナダ人女性」とはどんな人なのか?というところでしょうか。

 

 

ウォン・シャノンと佐々木導成の顔画像やSNSは?


スポンサーリンク


 

ということで、ウォン・シャノンと佐々木導成の両容疑者の顔画像やSNSなどを調べてみました。

 

まずは報道から、ウォン・シャノン容疑者の映像は提供されています。

 

 

出典:FNN

 

 

この時点で日本中からツッコミの声が上がったであろうことは想像に難くありませんが、画像で見る範囲ではアジア系の顔であることがわかると思います。

 

 

普通に考えて、フルネームが「ウォン・シャノン・ダニエル・ジャン容疑者」なわけですが、ウォンは「王」ですから中国か韓国に多い名前ですよね。

 

ジャンも「張」ですから、中国のスポーツ選手などでも名前によく見る文字です。

 

 

ということで、カナダ国籍のロリータコスプレーヤーという、多くの人が文字から感じる幻想は破壊されてしまったかも知れません。

 

 

実際にウォン・シャノン容疑者がコスプレーヤーとして活動していた写真を調べてみましたが、今のところ発見できていません。

 

ネットでも話題にはなっているものの、まだどこからも発見されていないようです。

 

 

偽装結婚の相手の佐々木導成の方も、まだ顔画像やSNSなどは見つかっていません。

 

もし発見されましたら追記していきたいと思います。

 

 

現時点でわかっている両容疑者の情報としては以下の通りとなります。

 

 

ウォン・シャノン・ダニエル・ジャン

年齢 29歳

職業 風俗店勤務

居住地 東京都新宿区西新宿

国籍 カナダ

趣味 ロリータファッション コスプレ

 

佐々木導成

年齢 37歳

職業 建築作業員

居住地 東京都練馬区向山

国籍 日本

 

 

二人が出会ったコスプレ会場や職場はどこ?


スポンサーリンク


 

こちらに関しても、調べた範囲では判明していないようです。

 

そもそもこの件、調べてみている範囲だと、そもそもこのコスプレ会場やロリータファッションが好きだった的な供述に関しても、そもそも実態がない可能性もあると思います。

 

 

この報道、そもそも証言にちょっと不可解な部分があります。

 

まず、ロリータファッションはコスプレではありません。

 

 

コスプレがしたかったと、ロリータファッションが出来る日本で住んで働きたいは、実際のところ言葉としてちょっとおかしいです。

 

記者がよくわかっていなくて混同している可能性もありますが、もし本当にロリータファッションが好きなら、「ロリータファッションはコスプレじゃねーよ!」と当事者ほどそこは間違えてほしくない部分でしょうから、この証言が事実ならウォン・シャノン容疑者は本当にロリータファッションに理解があったとは思えません。

 

コスプレやロリータファッションへの理解が低かったのなら、わざわざ違法なことをしてまで日本に滞在したかったということも不自然な言い訳になるでしょう。

 

 

そうなると、コスプレ会場で出会ったという証言も、ちゃんとした趣味としての活動の延長線上であったわけではない可能性もあると思います。

 

 

ロリータコスプレのためは本当なのか?怪しい事件の背景


スポンサーリンク


 

今回の偽装結婚ですが、ウォン・シャノン容疑者側が、報酬としての佐々木導成容疑者に70万円と毎月3万円支払っていたとされています。

 

この高額の報酬は、日本で風俗店に勤務することで稼ぎ出していた、ということです。

 

 

こうなると、いわゆる「出稼ぎ」的な目的のよくある偽装結婚であると考えたほうがしっくり来るように思います。

 

 

SNSなどのコメントを見ていると、好意的なコメントも結構見受けられます。

 

  • コスプレとは関係なく、日本で暮らしたかったのかなと思う。偽装結婚は、何でばれたのか知りたい。何か良くないことをやったから、それでばれたのかな。
  • そういう理由だったらコスプレ理解してくれる付き合ってもいいと思うような日本の男と付き合って普通に結婚すれば良かっただけじゃん
  • 偽装じゃなくても良かったのでは?普通に知り合ったのなら形式結婚とかでも良かっただろう。

 

これらはコスプレが好きだから日本国籍が欲しかった、という容疑者側のコメントを普通に信じてしまったから起きてしまった感想だと思います。

 

コスプレが好きだったとか、ロリータファッションがしたかったというのは、完全に嘘ではないかも知れませんが、普通に考えればたぶん犯罪が発覚した時に考えていた言い訳ということになるでしょう。

 

 

今カナダでは中国人による偽装結婚が大きな問題になっています。

 

日本人的な感覚だとカナダ=白人的なイメージがありますが、実際にはカナダはかなり多民族国家的な国になりつつあります。

 

 

私も1度だけカナダに行ったことがありますが、中華系・韓国系の人もものすごく多く、一部エリアでは街中の看板が中国語だらけみたいなエリアもあるほどでした。

 

日本食の弁当屋みたいなところが軒並み中韓の人がやっていて、明らかに日本の料理じゃないものばっかり並んでいたのにはちょっと笑っちゃいましたが。

 

 

その様な背景を考えると、ウォン・シャノン容疑者がカナダ国籍というのもすでに怪しく感じちゃいますよね。

 

国籍ロンダリングのロンダリングだったり……無くはないと思います。

 

 

日本は今後海外からの労働者も増えていくでしょうし、夫婦別姓や同性婚などの制度も進んでいく可能性もあります。

 

そうなればどんどんと偽装結婚が簡単になっていくでしょうから、そもそもの結婚制度のあり方や、国籍ロンダリング対策、ひいては外国人の健康保険や生活保護制度とうの社会保障制度の悪用などに関しても、これからより多くの有権者が考えなければいけない問題なのかも知れません。

 

 

追記あり(未確定コスプレ画像あり)


スポンサーリンク


 

両容疑者の画像は、報道のもの以外にまだ発見されてはいないようですが、ファッション系専門学校のページに同姓同名の人物がいることがわかりました。

 

そちらの留学生の紹介文には、コスプレ写真がこの様に掲載されています。

 

 

名前とカナダ出身、年代的な部分は符合しているようです。

 

化粧の感じで特定とまでは言えないかも知れませんが、かなり似ている感じはしますね。

 

 

そして、コメント欄に英語ですが、ウォン・シャノンさんのお知り合いの方と思われる書き込みがありました。

 

 

そちらによると、ウォンシャノンさんは

 

・両親が中国人の中華系カナダ人

・ファッションが好きで「日本に住みたい」ということは本当

・推測では、職場の元友達に復讐で密告されて逮捕に至ったのではないか

 

という興味深い指摘がありました。

 

そのコメントによると、SNSやFacebookなども存在するそうなので、そのあたりもさらにもう少し調べてみたいと思います。

 

 

追記2 ウォン・シャノンご本人と思われるインスタグラムの情報をいただきました


スポンサーリンク


 

コメント欄からインスタグラムのアカウントをコメントいただいたので確認してみましたが、プロフィールの内容も符合しますし、メイクはしているものの本人であることがほぼ間違いなさそうです。

 

がっつりメイクだと分かりにくいですが、この写真などは報道のものとも同一人物と判断できそうですね。

 


他にも、ロリータファッションやコスプレの写真がたくさんありますが、どちらも好きだったんだなと言う印象を受けます。

 

 

 

 

 

 

これで歌舞伎町のキャバ嬢ということでしたら、報酬に支払った70万円と月3万円は楽勝ですよね。

 

 

来日前のカナダでのイベント参加の様子も写真がありました。

 

 

 

いわゆる同人即売会と言われるようなイベントで、着物を着て、ギャルの出で立ちで、自作のアニメのイラストを販売しているようです。

 

 

こうしてみると、結構ガチなオタク系な方のようですね(笑)

 

アニメ、コスプレ、ロリータファッション、ギャル、などなど、確かに彼女にとっては日本で活動することは天職だったのかなと言う感じも受けますね……もちろんだからといって悪いことはしてはダメですが。

 

 

追記3 二人が出会ったイベントの調査情報結果


スポンサーリンク


 

ウォン・シャノンさんは、絵も描かれていたようで、イラストレーターという肩書も持っていたようです。

 

クリエイターとしてのアカウントも持っており、そちらには自作のイラストも公開されていました。

 

 

 

 

私も絵を描く人間なんですが、普通にうまいですよね。

 

 

これらのイラストを同人誌のような形にして即売会に参加していたようです。

 

そして、2016年頃ですと「-Elegant Gothic Academy- 第二夜」という、展示即売会のイベントに参加しています。

 

 

 

このイベントが二人の出会いの場だったのかなと思ったのですが、このイベントは横浜で7月18日に開催されています。

 

報道では歌舞伎町のコスプレイベントで知り合ったとされていることと、「2016年6月17日に横浜市内の区役所に虚偽の婚姻届を提出した疑い」という内容とも一致しないようです。

 

 

結局ホームページもTwitterもFacebookもInstagramもTumblrもアカントがありましたが、彼女はかなりの情報発信をしていることが伺えます。

 

しかし、在留期間が切れる2016年の前半には極端に情報発信が減っています。

 

この辺りに在籍していた専門学校の卒業後の進路、そして在留期間の終了などでも思い悩んでおり、その頃に佐々木導成容疑者と知り合った、という流れなのかも知れません。

 

 

焦って犯罪行為に手を出してしまったのかも知れませんが、そこは冷静に正しいプロセスで対応するべきだったでしょう。

 

結局この逮捕の結果は、ウォン・シャノン容疑者は国外追放になる可能性が高いですから、犯罪なんて損なだけですねほんと。

 

 

追記4 NHKの番組にも出演していた


スポンサーリンク


 

新しい調査の結果として、NHKの番組にも出演していたことがわかりました。

 

出演していたのは、NHKの海外発信であるNHK WORLDの中の番組「KAWAII International」です。

 

第78回から第80回までに出演しています。

 

 

出典:http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/index.html

 

このShiena(Canada)というのが、報道されているウォン・シャノンさんのことですね。

 

この様に露出が増え、目立ってくると、色々なところで怨みやねたみを買ってしまったのかなぁ……などと勝手に想像してしまうところです。

 

 

Sponsored Links

 - カルチャー