沖縄那覇市職員が職務中に税金を使って政治活動している衝撃!翁長那覇市長時代からの模様

      2017/01/17

こんにちは!境子です!(*´∀`*)

 

ここ数年の主にインターネットの

発展により、世界の情報化社会は

どんどん進んでいて

 

例えばツイッターなどでのやり取りでも

遠く離れた沖縄に実際に住んでいる方と

 

ニュースについて現場の空気を教えて

もらえるなど、本当にすごい時代に

なっているなと日々感じます。

 

 

ここ最近、中国の権益拡大に合わせて

また騒動が活発になってきたその沖縄ですが

 

これは多くの人に知っておいて

もらいたいなと言う情報がありました

のでとりあげてみたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

昨年末にネットで拡散され衝撃を与えた沖縄市職員の写真

 

問題のツイートはこちらです。

 

 

今回、この職員たちを糾弾したい

わけではないので、あえて画像も

そのまま引用させていただきます。

 

 

このツイートが投稿されたのは

2016年12月20日で、かなりの

インパクトだったため

ものすごいリツイートがされました。

 

 

この記事を書いている2017年1月4日

時点で5000リツイートを超えています。

 

 

パッと見の写真とこの一文だけで

普通に考えればかなりの

やばさのように見えると思います……。

 

 

公務員が、堂々と政治活動を職務中に

やってしまっているわけですからね。

 

 

一見すると完全にアウトです。

 

 

普通に公務員法違反で有罪レベルにしか見えない


スポンサーリンク


 

なんで普通の人がこのツイートを

見てギョッとするかというと

それは普通に有罪レベルの行為だからです。

 

 

地方公務員法

(政治的行為の制限)

第36条 職員は、政党その他の政治的団体の結成に関与し、若しくはこれらの団体の役員となつてはならず、又はこれらの団体の構成員となるように、若しくはならないように勧誘運動をしてはならない。

 

国家公務員法

(政治的行為の制限)

第102条職員は、政党又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。

 

普通に考えて公務員法で

アウト過ぎます。

 

 

公務員は当然ながら

政治的な中立が求められます

 

それ故に、かなり政治的な活動に

関しては慎重さが求められる

職業と言えます。

 

 

もちろん、それぞれ個々人に思想信条も

内心の自由もありますから、絶対考え

てはいけないとか何もしちゃいけない

 

というわけではありませんが、今回のこの

写真から読み取れるのは、当然そんな

レベルを圧倒的にぶっちぎってるアウトさです。

 

 

それを写真や動画に写っている人々は

特になにか悪いことをしているつもりも

なくやっているように見えます。

 

この異次元感がすごいですね……。

 

 

写真の出処は沖縄タイムス

 

このツイートの写真の出処は

この方が撮影したものではなく

2012年に沖縄タイムスで

取り上げられたもののようです。

 

 

オスプレイ:反対の特製バッジ着けて業務

2012年10月22日 沖縄タイムス

【宜野湾・中城】宜野湾市と中城村では22日から、職員がオスプレイ反対の特製バッジを着けて、業務に当たる。配備が強行されたことを受け、宜野湾市職労が1500個、中城村職労は200個を準備した。組合員だけでなく、管理職にも着用を呼び掛ける。

両市村とも同じバッジで、オスプレイの黒い影の上に、「NO!」の文字や「×」マークがプリントされている。中城村では浜田京介村長が快諾。稲嶺盛昌執行委員長は「復帰40周年のプレゼントがオスプレイなんていうことは許されない。村民の生命・財産を守るために一丸となって取り組みたい」と話している。

引用:http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-22_40492

引用:http://turezureysd.blog.fc2.com/blog-entry-3668.html

 

何か、完全に空気がおかしくなって

しまっていることが読み取れますよね。

 

 

これは、この写真に写っている人が

問題とかそんな小さいレベルではなくて

 

これがこの場所では普通の事だという

政治活動をしても普通なのだという

その環境の異常性に大きな問題が

あると言えます。

 

 

 

このように堂々と沖縄市上下水道局

などという名前入りのバッジを

しかも全員が自分の名札の上に

付けていますので当然職務中な

わけですよ……。

 

 

しかし、みんながそのように

しているこの環境の中では

普通のことなのでしょう。

 

 

沖縄って、こういう普通では

考えられないような環境汚染が

相当進んでいるのかもしれません。

 

 

この記事が掲載されたのは2012年な

わけですが、この年の那覇市長は

あの翁長さんなんですよね……。

 

そちらも相当にやばいようでした。

 

 

翁長市長時代に行われていた違法行為の数々


スポンサーリンク


 

これは2012年にyoutubeに

アップされた動画です。

 

 

政治集会に公金を投入していた那覇市役所の実態

 

 

 

動画を見られない方もいらっしゃると

思いますので、内容を簡単に解説します。

 

 

場所は2012年8月3日の

那覇市役所、総務課。

 

撮影者は、8月5日に行われる「オスプレイ配備に反対する沖縄県民集会」に参加する人は、無料のバス券がもらえるとのことで那覇市役所総務課に訪れています。

 

撮影者「無料のバス券ってありましたよね?」

男職員「那覇市の方で借り上げバスの用意ををしていたが、それについては市民の方で満杯」

撮影者「これは市の予算で?」

男職員「ハイ、そうみたいです」

 

撮影者「税金でバスを出す根拠は?政治集会ですよね?なんだかんだ言っても」

男職員「過去に、別の県民大会があった時に似たような形でさせていただいた経緯もあるものですから…」

 

 

次に、那覇軍港総合対策室

というパネルのある場所に移動。

 

女職員「金券になりますので、一応ご住所いただけますか?」

 

撮影者は、記入をしながらやりとり。

このような要件であることが記載されている。

 

 

しかし、那覇市民でない撮影者のグループにも普通にチケットは配られた。

 

女職員「行きのバスはこちらのチケットを、帰りのチケットは今差し上げますね」

撮影者「至れり尽くせりですね」

女職員「ハイ」

 

行き帰りの片道520円分ずつの金券を5人分受け取る。

 

女職員「運賃は全て補助になりますので」

撮影者「この補助というのは、市からの補助で?」

女職員「ああ、市からの補助ですね」

 

 

女性職員に、政治集会に市民の税金を使うことについて訪ねると。

 

女職員「解釈だと思うんですけど、(オスプレイの)安全に疑問を投げかけるというのが(翁長)市長のスタンス

 

との回答。

 

そして、その回答の後ろで、勤務時間内に政治集会ののぼりを堂々と組み立てている様子が。

 

 

と言った内容になっていました。

 

 

これまた強烈な動画ですよね……。

 

オスプレイ反対集会の動員に

正々堂々と職務中に、しかも市の

予算から活動費を捻出しています。

 

 

あまりに異常な光景に絶句して

しまいましたが、沖縄の空気感や

翁長市長の暴走ぶりの一端を

知ることができたと思いました。

 

 

沖縄の背後に広がる闇

 

この問題

那覇市水道局の職員や那覇市役所

職員の公務員法違反であるとか

 

翁長市長が諸悪の根源だとか

 

多分そういう話では

とどまらないと思います。

 

(もちろん公職選挙法違反はしっかり

正さなければなりませんけどね)

 

 

まず、このオスプレイ反対集会であれば

琉球新報と沖縄タイムスの両紙が

8月3日に全面広告でこのバス無料の件

を含めた宣伝広告を展開してたことが

わかっています。

 

これだけ見ても、メディアが大きく

関わっている可能性が高いと思います。

 

 

普通の新聞なら広告費だけの問題かも

しれませんが、この両紙に関しては

そうとは考えにくいですよね。

 

 

集会当日には、中国語日本語英語など

織り交ぜた尖閣は中国の領土という

大段幕が当然のようにたくさん並びました。

 

 

チケットはバス会社のチケットですから

そこも癒着などあり得るかもしれません。

 

 

水道局であれば、受注発注の業者を

経由した中国系マネーの流入の疑いも

考えられそうです。

 

役所と業者の癒着、天下りなど

そういうことも含めて大きな影響力も

あり得ると考えなければいけないでしょう。

 

 

沖縄の軍用地の利権などの様々な

利権も遠因になっていそうですよね。

 

 

これら全部チャイナマネーが

噂されているところでもあります。

 

とは言え、何か証拠を私が

掴んでいるわけではないですから

これらはもちろん私の憶測です。

 

 

しかし、少なくともこれらの

端々から伺える沖縄の空気は

かなり、深刻に、相当なレベルで

重症だと言えそうです。

 

 

この複雑に絡み合った網の目のような

問題と利権構造。

 

この解決は簡単じゃ無さそうですね……。

 

【関連記事】

沖縄県 県民所得ランキング最下位は偽装だった!本当は全国28位だったという衝撃

慰安婦少女像すら嘘だったとうい衝撃!まさに韓国!息を吐くように嘘をつく!

慰安婦少女像に書かれている碑文の文章内容がひどすぎ!日本人はもっと怒るべき!

慰安婦少女像に土下座する韓国人青年から日韓の土下座の違いを考察、など

【韓国の闇】北朝鮮に侵食される韓国の実態 しかし日本も他人事ではない

大槻教授日本嫌い過ぎ!韓国擁護がひどすぎて炎上状態 この人本当に科学者??

なぜ韓国人は日本に来て仏像を壊してしまうのか?その根本理由とは

 


スポンサーリンク


 - 社会, 経済