オスプレイは墜落?着水?不時着?このニュースから見る偏向報道

   

こんにちは!境子です!

 

朝から特定の思想を持った人達が

大喜びのニュースが

飛び込んできましたね。

 

いつもそちら方面の人から槍玉に

挙げられるオスプレイが、沖縄沖に

不時着し、大破したとのことです。

 

 

この件に関して感じた

報道に対する違和感について

少し書かせていただきたいと思います。

 

 


スポンサーリンク


 

米軍機のオスプレイが沖縄沖に不時着乗組員2人負傷

 

オスプレイ墜落 名護東沿岸、夜間訓練中 乗員5人、2人けが
2016年12月14日 02:01

 

 

米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが13日午後10時ごろ、名護市安部の沿岸の浅瀬へ墜落した。機体は折れ、大破している。在沖米海兵隊によると、嘉手納基地所属のHH60救難ヘリが乗組員5人を救助し、海軍病院に搬送した。2人はけがをしたとの情報がある。  オスプレイは2012年10月、地元の反対にもかかわらず配備を強行した。翁長雄志知事はオスプレイ配備撤回を求めており、県内での墜落事故に県民の反発がさらに強まるのは必至だ。

引用:【琉球新報電子版】

 

まずは第一報を深夜に聞き

乗組員の安否が気になりましたが

負傷者2名と、死者が出て

いないようで安心いたしました。

 

 

当初の報道も着水とされていたので

大事故ではないのかなと思いましたが

朝になって幾つかのニュースを

見ると、結構オスプレイの機体の

損傷がすごいですね……。

 

本当に人命にかかわらなかった

ことは良かったなと思います。

 

 

オスプレイは墜落?それとも着水?


スポンサーリンク


 

報道各社のほとんどは

不時着や着水

という言葉を使っています。

 

これは政府、ひいては米軍の

公式発表に準拠したものと思われます。

 

しかし、写真を見ると

かなりひどい状態に見えますよね?

 

このセンセーショナルな

写真だけを見ると

本当は墜落だったのではないか?

と思う人もいるかと思います。

 

 

実際はどっちだったのでしょうか?

 

まだ情報は少ないですが

通常読み取れる情報から考えますと

乗組員5人で負傷者2人となって

いますので、つまりこの事故でも

3人が無傷だったということです。

 

墜落で5人中3人が無傷ということは

通常ありえませんから

ここは公式見解の通り、不時着や

着水という表現が適切とみて

間違いないだろうと思います。

 

 

では、なぜ機体がこんなに

破壊されているのか?

 

それは東日本大震災を経験した

日本人にはおわかりのこととは

思いますが、海の力、波の力と

いうのはとてつもない破壊力を

持っているため

ということになるでしょう。

 

 

しかし、一部の報道機関、特に今回

引用させてもらった沖縄系の報道は

着水や不時着ではなく、墜落

使っているのが面白いところです。

 

名護市安部の沿岸の浅瀬へ墜落した。

 

さすがですね(笑)

 

オスプレイの大破した機体の

写真を載せているのも

そっち系のメディアばかりですね。

 

 

こういう単語の使い方などでも

読み手の側にどういう印象を

植え付けたいのかよくわかります。

 

 

オスプレイ報道から感じる圧倒的偏向報道とは

 

この問題は、事故として

とても大きなニュースで

あることは間違いありません。

 

現在、様々なメディアが

トップニュースで流しています。

 

 

しかし、まずこの問題の

根本のテーマは何でしょうか?

 

それは軍事と防衛の中の、特にそこに

所属する航空機についての問題です。

 

軍事防衛とは

戦争や侵略を未然に防ぎ

日本の平和を守るための活動であり

 

その任務のために活動している

航空機が事故を起こしましたと

いう事が根本のテーマであるはずです。

 

 

しかし、同じ軍事防衛の

しかも航空機の問題で

今、最も問題になっていることは

なんでしょうか?

 

そうです、中国軍機による

日本への侵略行為です。

 

 

ちょうど今月11日にも、中国側から

日本のスクランブルに対して

謎の抗議が発せられましたが

 

近年中国の航空機による

演習の名を借りた圧力行為が

状態化している状態です。

 

 

こちらは、現実に侵略行為であり

すでに戦争になってもおかしくない

レベルの圧力を、今まさに外国から

受けているということです。

 

 

オスプレイと中国軍機の侵略。

 

これらは同じベクトルの

軍事防衛で、航空機のニュースです。

 

 

しかし、今目の前で、

戦争になってもおかしくない

軍事的圧力をかけられているという

超重要事態の側はほとんど報道せずに

 

日本の平和を守るための装備である

オスプレイが事故を起こしたことを

喜々として報道しまくるというのは

明らかに報道が偏っていると

言わざるを得ませんよね。

 

 

今はネットなどから情報が

読み取れるために、そのおかしさに

気がつく人も増えています。

 

しかし、ただただ流れてくる

報道だけを見ていると、ずっと

気がつけない可能性が高いでしょう。

 

 

このようなことからも読み取れるように

報道にはかなり偏った恣意的運用が

されていると言わざるを得ません。

 

重要度に関係なく内容によっては

ほとんど報道すらされないんですから。

 

 

恐ろしい話です。

 

我々は、まずそこに

気がつくことが大切だと思います。

 

 

この件に関してtwitterに寄せていただいたコメントをご紹介


スポンサーリンク


 

この件に関して、私のツイートに

多くのコメントやリツイートを

いただきましたので、こちらに

ご紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

たくさんのご意見

ありがとうございました!

 

偏向した報道に対抗できるのは

このような報道だけに頼らない

情報交換だと思います。

 

 

今後も、ブログやtwitterなど

どんどん活用して

情報共有していきたいですね!

 

 


スポンサーリンク


 - 社会