山本太郎議員がおかしい?左翼らしくないまともな答弁で世間が心配する事態に【パチンコ・パチスロ問題】

      2017/03/10

こんにちは!境子です!

 

毎日寒い日が続いていますね!

 

今年のラストスパートに向けて

体調管理などにも気をつけて

いきたい今日このごろですが

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

師走に入っても、謎の流行語や

芸能界の薬物問題、隣の国からの

罰当たりな嫌がらせなど

 

どうしても良くないニュースばかりが

多い世の中ですが、珍しくちょっと

面白い話題がありましたので

紹介させていただきたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

山本太郎議員がおかしい?パチンコ問題を国会で取り上げ騒然

 

残念ながら、いつも見当違いの話題で

熱くなり、人々の目を点にさせ続け

左翼だのおかしいだのと

言われ続けている山本議員ですが

 

今回それらの人を少し見直させるような

国会答弁を行い、話題になっています。

 

 

死に物狂い 泣きながらパチンコ ギャンブル依存症の体験談

 カジノを含む「統合型リゾート施設(IR)」整備推進法案(カジノ解禁法案)でギャンブル依存症増加が懸念される中、依存症に苦しんだ人の体験談が国会で取り上げられた。家族を犠牲にしてもギャンブルにのめり込む壮絶な経験が紹介され、深刻な社会問題であることが伝えられた。 (金杉貴雄)

 体験談は、証言集「ギャンブル依存症からの生還」から引用された。ホームレスの自立を支援する会社「ビッグイシュー日本」の関連NPO「ビッグイシュー基金」が男女十二人に聞き取り調査をし、八月にまとめた。八日の参院内閣委員会で自由党の山本太郎氏が読み上げた。

 四十代の女性は出産直後、夫が気遣いで設けた月に一度の「お母さんのお休みの日」にパチンコに行ったことがきっかけでのめり込んだ。子どもの学資保険を切り崩し、実家の仏壇から金を盗み、子ども二人を認可外保育園に入れてまで通い、最後は死に物狂いでやらされている感覚と分かっていても、泣きながら続けた。

 十二人の証言者には、数少ない勝った記憶や負けた悔しさで「ギャンブルで借金を返す」という発想から抜け出せず、両親、兄弟、姉妹、友人にうそをついて借金を重ね、家庭が崩壊していく状況が共通する。

 依存症という「病気」との自覚がないことも大きな特徴だ。証言者の多くは苦しんだ末に家族に病院に連れて行かれ、はじめて依存症と認識。山本氏は国会で、証言者は気づけただけ「幸運な人たちだったかもしれない」と指摘した。

 厚生労働省推計で、依存症の疑いのある人は全国で約五百三十六万人。同基金の佐野章二理事長は本紙の取材に「日本は至るところにパチンコ店があるなど、世界の中でもギャンブル依存症になる環境がある」と指摘。カジノ法案について「まず今ある依存症対策に取り組むべきで、カジノ解禁は論外だ」と述べた。

引用:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201612/CK2016121102000119.html

 

これを聞いた人が、山本太郎議員は

おかしくなったのではないか?

と思うような正論です(笑)

 

左翼系議員もパチンコ利権とは

無関係ではないと思うんですが

その辺は大丈夫なんでしょうかね?

 

 

珍しくまともなことを言った

山本太郎議員に、ネットでは

このような反応がありました。

 

 

まぁ正しいよね

勇気あるなぁ

この件に関しては自民議員なんかより全然いいな
頑張れ

これは支持する

こればかりは応援するわ

毒を以て毒を制す まさにこれ

殺されないように気を付けろ

山本のほぼすべての主張に賛成できないがこれは支持するわ
なにごとも是々非々だ

初めていいこと言ったな
パチンコ廃止大賛成
世界一のギャンブル依存症国家はもうやめよう

おまえを支援してる連中の中にもパチンコ系鮮人いるの大丈夫なのかこいつw
蓮舫でさえパチンコのパの字も言えなかったのにwww

この件だけは応援したい
他の主張は無理だが

これはある意味コイツにしか出来ない、コイツの存在価値を初めて感じた

 

概ね好意的でしたが

山本太郎議員の命の心配を

する人も散見されました(笑)

 

 

日本が抱える大きな根本問題のひとつパチンコ・パチスロ問題


スポンサーリンク


 

私は、日本がまともな国になるために

改善せねばならない日本の大きな

根本問題がいくつかあると思います。

 

 

占領下で作られた憲法を使っていること

 

GHQの公職追放以来の教育機関の

歪みがいまだに直り切っていないこと

 

構造上マスコミに自浄作用がないこと

 

そして、明らかな違法である賭博行為の

パチンコ・パチスロが当たり前のように

町中にあること

 

 

根本はこの辺だと思います。

 

自衛隊の問題は憲法問題

NHKや朝日の問題は自浄作用の

無さに関わる問題ですし

 

日本の多くの問題はこれらに

派生していると思っています。

 

 

利権に囚われない山本太郎議員に寄せる期待

 

考えられる大きな問題が

なぜ改善できないのかと考えると

いずれも圧倒的巨大な

利権構造ゆえといえると思います。

 

山本太郎議員の様な人に

求める期待というのは

利権に縛られていないことで

そこに言及することができることです。

 

 

これまでも山本太郎議員は

ある程度自分の信じる行動は

取っていたのでしょう。

 

彼の行動力は

本当にすごいと思います。

 

 

しかし、その方向性

知識がズレてましたよね……。

 

放射能だとか米軍基地だとか

問題の根本とはかなり斜め上に

ずれちゃっているところばっかりに

突っ込んでいっていました。

 

なんといいますか、まず

お仲間が良くないのかもしれません。

 

 

しかし、実はこれは

もったいないことだと思うんです。

 

 

彼の価値である利権を無視した

問題提起は、本来もっと根源的な

問題について使ってもらいたい

ものであって、放射能がーとかではなく

 

今回のようなパチンコ・パチスロ問題

など本当の問題点に使って頂ければ

私としては理想的だなと思います。

 

 

ぜひ、その能力を正しい方向に

発揮していただき

日本を良くするために

 

応援できるような議員に

なっていただきたいものです。

 

 

利権に抵抗する山本太郎議員は無事でいられるのか?

 

ただし、利権に抵抗するとなると

当然その反発を強く受けます。

 

放射能だの米軍基地だの浅はかな

問題でない本当の利権である

パチンコ・パチスロに反目すると

その抵抗も大きくなる可能性が

高くなるかもしれません。

 

蓮舫議員ですら、カジノ法案に

ギャーギャー言ってもパチンコの

パの字も言わないくらいですからね。

 

 

その点は、他のネットの意見と同じく

私も山本太郎議員の身を

案じてしまうところです。

 

 

急に山本太郎議員がこの件で

何も言わなくなったら

何かあったと考えられる

タイミングかもしれませんね。

 

 

ぜひ何か抵抗があったとしても

日本のために、この件だけは

ぜひ頑張ってもらいたいところです。

 

まあ、他のどうでもいいことは

頑張らなくていいですけども。

 

 


スポンサーリンク


 - ゲーム, 反日政党・反日勢力, 政治, 社会, 経済