【衝撃】中国が在留外国人に3段階の格付けを開始!?最低ランクは国外追放も!?

      2017/03/10

こんにちは!境子です!(*´∀`*)

 

相変わらず周辺各国に喧嘩を

売りまくり状態の中国ですが

 

これまた驚きの方針を発表した

とのことで、現地の日本人にも

衝撃が走っているようです。

 

 

なんと、中国にいる外国人を独自の

点数でABCの3ランクに格付けし

Cランクだと場合によっては

国外追放対応になるという話です……。

 


スポンサーリンク


 

中国が衝撃的な政策を発表!外国人を点数でABCのランク付けで差別化!

 

衝撃のニュースは

以下週刊現代12月24日号から

引用させていただきます。

 

 

前代未聞! 中国が始める外国人「ABCランクづけ」制度

日系企業は大パニック

 

このほど筆者は北京と上海を一週間回ってきたが、現地の日本人駐在員たちの口からは、「A、B、C」というアルファベットが鳴り止まなかった。

それもそのはず、この11月に外国人の管理を担当する国家外国専家局の「外国人来華工作許可工作小グループ」が、世界に例を見ない制度を突然、発表したからだ。

それは、来年4月1日から、中国に居住するすべての外国人を、Aランク(ハイレベル人材)、Bランク(専門人材)、Cランク(一般人員)に3分類するというものだ。

 

引用:「週刊現代」2016年12月24日号より

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50496

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50496?page=2

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50496?page=3

 

 

ランク分け……とだけ言いますと

「それほど大したことがないのかな?

まあ中国のことだし」

 

と思いがちですが、問題はその

ランク訳されたあとの問題です。

 

 

なんと、最低ランクのCと評価された

場合には、国外追放もありえるとか!?

 

それは、現地で戦々恐々となるのも

わかりますね……。

 

 

これがあるから中国は怖いですね。

 

日本の常識ではとても考えられない

ようなことを、平気でやってきます。

 

シビレもあこがれもしませんけどね。

 

 

ランク付けはどのようにされるのか?


スポンサーリンク


 

問題はここですよね。

 

今回の措置、中国はどのような意図で

どのようにランク付けするのか

そこが重要になってくるかと思います。

 

以下、同じ記事からの引用です。

 

 

Aランクの外国人は、居住地域に明るい未来をもたらす優秀な人材のことで、居住を奨励する

Bランクの外国人は、国内市場の需給や発展に応じて増減させていく人材のことで、居住を制御する

Cランクの外国人は、臨時的、季節的、及び技術を伴わないサービス業などに従事する外国人で、今後は国家政策に基づきながら、居住を厳格に制限していく

 

 

 

下の表が、中国政府が出した評価基準である。

 

加算方式の120点満点

85点以上ならAランク

60点から84点まではBランク

そして60点未満がCランクに分類される。

 

 

 

これすごすぎですよね(笑)

 

ポイントはやはりランクCでしょう。

 

居住を排除する人材とされています。

 

 

これじゃ現地の人も

大変でしょうねぇ……。

 

この突然の措置に度肝を抜かれ、パニックに陥っているのが、2万社を超える中国国内の日系企業である。冒頭の駐在員のように、来年の4月になったら、「Cランクの外国人」に分類されて、中国から追放される社員が続出しかねないからだ。

 

いやはや、言葉もありません……。

メチャクチャですね、これは。

 

 

駐在員のランク付けだと? 中国は一体、何様なのだ

 

それはもう

中国様なのでしょう(笑)

 

 

なぜ中国はこのような制度を行うのか?


スポンサーリンク


 

これは、端的に言ってしまえば

もう中国では人材が無制限では

必要無くなった、選別して受け

入れる段階に入ったという

思い上がりのようなものなのでしょう。

 

 

実際、人口が14億とも15億とも

言われていて、人数だけなら必要十分

でしたし、一定程度教育も行き渡り

 

大卒の人口が毎年日本の数倍

生まれ続けているわけですからね。

 

 

記事の中では、北京で中国の外交関係者の

話としてこのように記述しています。

 

こうした話を、北京で会った中国の外交関係者に警告したところ、逆に開き直って言った。

「1972年に中日が国交正常化して以降、長い間、両国関係は、中国が日本を必要とする時代が続いた。そのため両国関係の主導権は、常に日本側にあった。

ところがいまや、中日関係は、日本が中国を必要とする時代に変わったのだ。たしかに日本企業が持っている最先端技術は、いまも変わらず貴重だが、それらのほとんどは欧米企業とのビジネスで代替可能だ。

われわれがいま、日本からどうしても欲しいのは、高齢化社会に関する知見くらいのものだ。逆に日本企業にとって、14億人の中国市場は死活問題だろう。

それなのに、日本人はいまだに、1980年代のような発想で両国関係を考えている。来年4月からの外国人の3分類も、今後は中国が主導権を取って、来てほしい外国人にのみ来てもらうということだ。われわれはもはや、パンダではなく竜になったのだ」

 

 

かなり調子に乗ってしまっている

ようですが、果たしてどのような

結果になるのか?

 

 

最近、中国が調子に乗った

例ってありましたよね。

 

レアメタルで(笑)

 

同じような失敗になりそうな

気がしないでもないですが……。

 

 

価値観もシステムも違う中国ではこれからもチャイナリスクが続く

 

チャイナリスクとは、以前からずっと

言われていたことで、流石にまったく

計算していない企業も無いのかもしれません。

 

 

しかし、やはりこの常識はずれな

ルールの中国という国。

 

民主主義でもなく、資本主義でもない

という、普通に考えればそもそも

かなり無理があるようにしか

見えませんが、不思議なものですね……。

 

 

いつ逮捕されるかわからない

いつ国外追放されるかもわからない

いつ財産没収されるかわからない

 

 

こんなところで良く商売をやるもの

ですよね……とは言え、私なども

 

結局Made in China等々の恩恵を

たくさん受けているので、文句ばかり

言うのもおかしな話ですけどね……。

 

 

それにしても、今回の

この壮絶な内容のチャイナリスク。

 

本当に大胆ですね……。

 

 

私も、国内で犯罪を犯した外国人などは

ぜひ国外退去にすべきだと思いますし

犯罪率の高い外国人には、何らかの

具体的な策がほしいなとは思います。

 

そういう意味の区別には、なんらかの

線引は必要だと思いますよ。

 

しかし、今回のこれはそういったレベル

とは圧倒的にレベルが違う、明らかな

人権侵害や差別になるものです。

 

 

ランク分けからの国外追放などは

完全に外国人差別ですし、これは

日本のリベラル層、反ヘイト団体

各種報道機関、香山リカさんなどが

大変に嫌うやり方なのではないでしょうか?

 

きっと彼らが大騒ぎして

中国大使館の前でプラカードや

ろうそくをみんなで持って、大規模な

デモなどをやってくれるに違いない!

 

楽しみだなぁ……(*´﹃`*)

 

 

あ、もしやらなかったり何もしなければ

それは偽物だったと言うことなので

 

彼らの信条が本物かどうかの

リトマス試験紙にさせてもらおうと

私は思っています。

 

【関連記事】

沖縄那覇市職員が職務中に税金を使って政治活動している衝撃!翁長那覇市長時代からの模様

沖縄県 県民所得ランキング最下位は偽装だった!本当は全国28位だったという衝撃

慰安婦少女像すら嘘だったとうい衝撃!まさに韓国!息を吐くように嘘をつく!

慰安婦少女像に書かれている碑文の文章内容がひどすぎ!日本人はもっと怒るべき!

なぜ韓国人は日本に来て仏像を壊してしまうのか?その根本理由とは

 


スポンサーリンク


 - 中国情勢, 政治, 経済