蓮舫議員終了か?パスポートに潜む爆弾級の疑惑とは?

   

こんにちは!境子です!

 

昨日の会見でついに二重国籍を

白状してしまった蓮舫さんですが

もちろんまだこれで終わった

わけではありません……。

 

実は、台湾国籍の除籍のために

提出していたと言っていた

台湾のパスポートに、爆弾級の

疑惑がある可能性があるのです。

 

そのことについて

少し考えてみたいと思います。

 


スポンサーリンク


 

31年も前のパスポートが簡単に見つかった?

 

台湾のパスポート「家の中をひっくり返して探した」
「過去の発言については、二転三転したのは、記憶に頼っていたことが原因です。私は、父親に公的証書、パスポートに関することをすべて任せていました。この問題で、確認すべき父は他界し、31年前の書類は何もない。どうしていいのか、わからないというのが、率直なところでした」

今回、進めている台湾籍を抜く手続きでも、混乱があったという。

「台湾の籍を抜くときに、提出書類に台湾のパスポートが必要とありました。これが、どこにあるのかがまったくわからない。31年前のパスポートで、母もすべて父に任せていて、わからないんです。一緒に、家の中をひっくり返すように探して、やっとでてきました

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00010004-bfj-pol&p=1

 

普通に考えて、こんなこと

あり得ますかね?

 

もうね、本当に呆れ果てますよ

この人の話は……。

 

 

国籍を抜いたかどうかも

覚えてない程度の、いい加減な

記憶力の持ち主がですよ。

 

31年前のパスポートを、ものの数日

しかも民進党の代表選の終盤で

忙しい中、簡単に見つかりますか??

 

一度も引っ越ししたこと

無いんですかね、この人?

 

探せば見つかるようなところにある

書類を、日本国籍取得以降一度もその

存在を認識したことなかったんですか?

 

 

もうね、言ってること

メチャクチャですよほんと。

 

国民を馬鹿にするのは

いい加減にしていただきたい。

 

 

最後に台湾のパスポートを更新したのはいつか?


スポンサーリンク


 

このインタビューで言われている通り

本当に31年前のパスポートが万が一

発見されているのであればいいのですが

一つの疑惑として、その台湾の

パスポートを更新していなかったか

という点が問題として浮かび上がります。

 

もし仮に更新していたら、それは

二重国籍を認識していたことに

なりますから、一発アウトになります。

 

これは、提出されたものを確認すれば

分かりますので、ぜひ報道各社に

確認をお願いしたいと思います。

 

 

パスポートの申請書にはどのように記載していたのか?

 

もう一つのパスポートに

関する問題があります。

 

パスポートには、実は二重国籍の

有無を申請する項目があるのです。

 

もし、これに「はい」と答えていたら

二重国籍を認識していたので一発アウト。

 

 

これも法務省経由で確認することが

可能なようなので、報道機関の

調査をぜひお願いしたいと思います。

 

まあ、池田信夫さん経由で

すでに根回しされてるのかな…。

 

 

ちなみに、これに「いいえ」として

いた場合、これは虚偽記載ですので

こちらでもアウトです。

 

蓮舫さんは、個人的にも、国会議員

としても、何度も海外に渡っています。

 

パスポートは最長10年更新ですから

少なくとも何度かパスポートの

申請を行っているはずです。

 

国会議員の立場で、旅券法違反の

虚偽記載ということになれば

これは知らなかったで済む

問題ではないでしょう。

 

 

車の一時停止を知らなかったで

警察は許してくれますか?

 

お酒を飲んでる未成年が、自分の

年齢を知らなかったで済みますか?

 

自分の国籍を知らなかったとか、

そんな馬鹿な言い訳通用しませんよ。

 

 

つまり、いずれにしても

アウトなんですね、これって。

チーン。

 

 

個人的には民進党が蓮舫代表とともに爆散してほしい

 

さて、この問題を蓮舫さんは

どう回避しようとするでしょうか?

 

個人的には、台湾への最後のお詫びに

台湾の独立派の政党である民進党の

名前を使って迷惑をかけているので

蓮舫さんが党首になった上でこの世から

偽民進党の名前を消してくれるといいの

ではないかなと、そんな風に思います。

 

 


スポンサーリンク


 - 社会