臼井正彦(東京医科大学)の顔画像と経歴は?過去の賄賂は佐野太(文部科学省)だけじゃない?

   

波紋が広がっている文部科学省と

東京医科大学の受託収賄事件

 

ついに臼井正彦理事長と

鈴木衛学長が関与を認める

事態となりました。

 

この臼井正彦理事長たち…過去の経歴

など調べると、それはもう真っ黒で

ヤバすぎでした……。

 

【関連記事】

佐野太(文部科学省)が裏口入学させた息子の名前とアカウントが判明「センター16日前なのに俺セブ島で何してんだっていうね」

佐野太(文部科学省)と谷口浩司の経歴・顔写真や受託収賄の方法について調べてみました!

 


スポンサーリンク


 

黒幕か?東京医科大学臼井正彦理事長が受託収賄事件の関与を認める

 

先日突然トップニュースになった

文部科学省局長の佐野太容疑者が

受託収賄で逮捕された事件ですが

 

さらに黒幕である可能性がある

大物が、その関与を認めました。

 

それは該当大学の臼井正彦理事長と

鈴木衛学長です。

 

東京医大理事長が便宜依頼、学長と息子合格指示

文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕された同省前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)容疑者(58)(4日付で大臣官房付に異動)に対し、東京医科大学(東京)の理事長が支援対象の選定で同大に便宜を図ってもらえるよう依頼していたことが関係者の話でわかった。その見返りとして、理事長と同大の学長は、佐野容疑者の息子を同大に合格させるよう学内に指示していた

東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、臼井正彦理事長(77)と鈴木衛(まもる)学長(69)はこうした経緯を認めており、特捜部は、同大が組織ぐるみで不正を行ったとみて、2人を贈賄罪に問うかどうか在宅で捜査している。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/national/20180705-OYT1T50062.html

 

調べてみた所、この臼井正彦理事長

のほうが、相当やばい経歴の持ち主

だといことがわかりました。

 

 

東京医科大学理事長 臼井正彦 経歴や顔写真など調査


スポンサーリンク


 

この受託収賄事件、最初から氷山の一角で

あろうう気配はありましたが、今回関与を

認めた東京医科大学の臼井正彦理事長の

過去の経歴はそれを裏付けるような

とてもやばいものでした。

 

 

臼井正彦 顔写真

 

出典:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/430241/

 

臼井正彦 略歴・経歴

 

出身 静岡県下田市の商家に生まれる

年齢 77歳

専攻 眼科学

 

役職 東京医科大学 第13代理事長

1966年 医師免許所得

1994年 主任教授

2007年 名誉教授

2008年 東京医科大学 学長

2013年 東京医科大学 理事長

 

現在は理事長職を勤めながら

経営も行っている、名実ともに

日本医科大学のトップと言えると

思います。

 

この経歴にも紆余曲折あったようですが

問題の事件は2007年~08年の名誉教授

から学長に出世する前後に関連して発生

していました。

 

 

強運の持ち主&金の亡者 臼井正彦理事長


スポンサーリンク


 

ファミリービジネスで手数料2億円以上の売り上げ

 

まずやばいのが、2006年に学内で

眼科学主任教授時代に問題が発覚した

ファミリービジネスに利益供与して

いたという問題です。

 

そもそも、規則で副業が禁止だった

にもかかわらず、家族での会社

「有限会社オフタルモサイエンス」

を1985年から立ち上げており

 

しかもそれが自分の眼科と関係のある

眼内レンズを販売する仕事ということで

もちろんその目的は自分の息のかかった

病院への便宜でしょう。

 

自ら医局員を送った10の病院と取引し

便宜と手数料だけで、14年間で

2億円以上の利益を上げていた

ことが発覚しています。

 

しかし、なぜか大きな処分は

されなかったようです。

 

何なんでしょうか、この界隈は。

 

 

強運で空白のポジションだった学長へ就任

 

この臼井正彦氏は、問題を起こした

にもかかわらず、結局2007年に

学長になっています。

 

これは2004年に東京医科大学病院に

起きた、心臓外科医が立て続けに

患者を4人死亡させてしまうという

大事件からの後釜での空白だった

ために転がり込んできたポジションです。

 

なんという強運なのでしょう。

 

 

医学博士号の取得をめぐる現金の授受で35人に現金10万円

 

更に2009年2月、朝日新聞の

スクープで、東京医科大学内で

博士号取得に関して現金の授受が

あったとして、当時学長だった

臼井正彦氏が謝罪するという

事件が起きています。

 

教授一人に10万円を渡すのが相場で

受け取った教授が35人、渡した学生

が47人(自供のみによる)だそうです。

 

自供でわかっているだけでですが。

 

 

しかも、この件でもなぜか

臼井正彦当時学長は処分されて

いません

 

処分は学長代理の教授が一人減給

一ヶ月になっただけです。

 

もうね、めちゃくちゃですよね。

 

 

金銭の授受や賄賂に対しての心理的ハードルが低すぎる


スポンサーリンク


 

これ、普通に犯罪心理で考えればですが

普段から当たり前のように犯罪をやって

いると、罪の意識がどんどん減っていく

わけです。

 

この臼井正彦理事長周りの処罰や

反省のなさは、まさにこれでしょう。

 

 

事件になったのなんて

氷山の一角もいいところ。

 

普段からこの手のことは当たり前すぎる

ために、処分も何もかもがゆるいので

しょう。

 

 

昔から医科大は入学した学生の父兄が

名士であった場合に、数千万や場合に

よっては億という額の寄付を求めると

言われていますが、この感じではそう

いったことも本当なのかもしれませんね。

 

 

臼井正彦理事長の子供3人は全員医者


スポンサーリンク


 

ここまでの経緯を踏まえて、この

臼井正彦理事長の子供が3人とも

医者という話を聞いて、多くの人

はどう感じるでしょうかね……。

 

私はもう、アホくさいなという

感じしかしません。

 

 

なお、同じ文部科学省絡みで問題を

起こした元文科省官僚の前川喜平氏

の息子も医大→厚生省というルートです。

 

怪しくないですか……??

 

 

この真っ黒のタールのような世界に

うごめく魑魅魍魎のようにしか見え

ない臼井正彦理事長が過去にえがいた

理想がこれですよ……。

 

→画像

 

もう、笑うしか無いです(笑)

 

我々が思う以上に、この医学の世界は

とんでもないのかもしれませんね……。

 

【関連記事】

佐野太(文部科学省)が裏口入学させた息子の名前とアカウントが判明「センター16日前なのに俺セブ島で何してんだっていうね」

佐野太(文部科学省)と谷口浩司の経歴・顔写真や受託収賄の方法について調べてみました!

 

 

Sponsored Links

 - 政治