マリカーレンタルまさかの無許可だった!任天堂から訴えられる事態に

   

こんにちは!境子です!(*´∀`*)

 

一部で話題になっていたマリカーという

サービスが有りましたが、なんとこれが

 

まさかの無許可で運営していたという

ことで、任天堂から訴えられる事態と

なっているようです。

 

 

どうしてこうなったのか……(;´Д`)

 


スポンサーリンク


 

公道でマリオカートを体験できる株式会社マリカーが任天堂から訴えられる

 

ちょっと変わった面白いサービスという

ことで、一部話題になっていた株式会社

マリカーのレンタルサービスですが

まさかの無許可だったようで

 

任天堂から訴訟を起こされる事態に

発展してしまっているようです……。

 

任天堂:ニュースリリース

2017年2月24日
各位
任天堂株式会社

公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起について
任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己、以下「当社」)は、2017年2月24日に、株式会社マリカー(本店:東京都品川区、以下「被告会社」)およびその代表取締役(以下、併せて「被告ら」)に対して、被告会社による不正競争行為および著作権侵害行為の差止等および上記行為から生じた損害の賠償を被告らに対して求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました。

この訴訟において、当社は、被告会社が、公道カートのレンタルサービスを提供するにあたって、当社が製造販売するレースゲームのシリーズとして広く知られる「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章をその会社名等として用いており、さらに、被告会社が公道カートをその顧客にレンタルする際に当社の「マリオ」等の著名なキャラクターのコスチュームを貸与等した上、そのコスチュームが写った画像や映像を当社の許諾を得ることなく宣伝・営業に利用するなどしているが、このような行為は当社に対する不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると主張しています。

当社は、長年の努力により築き上げてきた当社の大切な知的財産を保護するために、今後も継続して断固たる措置を講じていく所存です。
以上

引用:https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170224.html

 

 

結構大々的にやっていたと思うのですが

これがまさか無許可だったとは……。

 

ちょっと目を疑ってしまいました。

 

 

訴えられた株式会社マリカーはどのようなサービスだったのか?


スポンサーリンク


 

「マリカー」というのはゲームをやる方

なら耳馴染みのある言葉だと思いますが

 

これは任天堂のキャラクターである

マリオがレースをするゲームである

「マリオカート」の略称です。

 

 

マリオを始めとした任天堂の

キャラクターが、カートに乗って

レースをする、それを現実に再現して

しまおうというのが、今回訴えられた

株式会社マリカーのサービスでした。

 

 

内容としては、任天堂キャラクターに

扮して、公道をカートのグループに

なって走るというものです。

 

出典:芸能界News速報

 

外国の旅行者などにも好評だった

ようですし、思い出づくりのイベント

としてはなかなかインパクトがある

サービスだなと思います。

 

料金としては30分1500円~

プラスオプション料金と言うような

サービス内容となっていたようです。

 

 

まさかの著作権無許可という倫理観の低さに唖然

 

この会社、社名から「株式会社マリカー」

という、任天堂に帰属する愛称を利用

していますし、提供しているサービスも

「マリカー」のレンタル。

 

衣装なども任天堂のキャラクターを

堂々と使っていますし、宣伝にも

当然それを堂々と利用しています。

 

 

これは、当たり前ですが任天堂の

著作権を利用したビジネスですから

任天堂にその利用料を払う必要があります。

 

 

しかし、それを全くしていなかった上に

任天堂からの再三の警告に対しても

誠意のある対応がなかったということで

 

「不正競争行為および著作権侵害行為にあたる」

 

として任天堂側が今回の訴訟に踏み切る

結果となりました。

 

 

まさかこんなに堂々と営業して

宣伝もしているのに、無許可だ

とは正直唖然としました……。

 

 

こちらの会社の求人広告には

このような文章が書かれています。

 

緻密な戦略で、成長性の高い企業として注目されています。
街を走る“マリカー”の大群。
道行く人のほとんどが足を止め、笑顔でその行方を見つめる。
その、非日常の一瞬をつくりだしているのが、私たち株式会社マリカーです。

引用:http://www.884510.com/job4353/

 

緻密な戦略の中には、任天堂にしっかり

と著作権使用料を支払うという戦略は

含まれていなかったのでしょうか……。

 

だとしたら、このビジネスは

最初から破綻していますよ。

 

 

株式会社マリカーの社長山崎雄介氏は

取材に対してこのようにコメントして

いました。

 

利益よりも優先にするべき事があると信じているからと語る。

出典:芸能界News速報

 

まずは法律を遵守することを

優先していただきたかった……。

 

 

あとになって振り返ってみると

華やかな映像や強気な発言も

なんだか虚しいですね……。

 

こういう某国のような恥ずかしいことは

ぜひ辞めていただきたいなと思います。

 

【関連記事】

中国上海に世界最大25mのエヴァ初号機登場!これ版権や権利は大丈夫なの…??

アスクル火災で消火遅れの原因がソーラーパネルと噂に?太陽光発電と火災のリスクとは

コストコで売ってる水が水道水という噂は本当?過去には回収騒動なども

慰安婦少女像すら嘘だったとうい衝撃!まさに韓国!息を吐くように嘘をつく!

すしざんまい木村社長の凄すぎる伝説!マグロ漁でソマリア沖の海賊を絶滅させていた!?

 

 


スポンサーリンク


 - IT系, ゲーム