こち亀ついに連載終了!秋本治が200巻での終了を発表 漫画界の歴史が変わるのか…

   

暑い日が続いておりますが

みなさん体調などはいかがでしょうか?

 

私は、少し夏バテ気味で

無理せずペースダウンして

日々を過ごしております…。

 

しかしそんな残暑の厳しい今日

まさに汗が止まるような驚きの

ニュースが飛び込んできました!

 

連載ギネス記録を持つ

週刊少年ジャンプの看板漫画

こち亀がついに連載終了するというのです!

 


スポンサーリンク


 

情報が発表された舞台は本人の口からだった

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所とは?

 

略称:こち亀

作者:秋本治

集英社 週刊少年ジャンプ連載中

 

1976年42号から連載開始され、

現在週刊少年ジャンプ上で最長連載で

あるとともに、40年以上一度も休載して

いない記録が、ギネス記録に認定されている。

 

現在の発刊数は199巻

 

 

40年以上の連載が

少年誌の最長連載記録として

ギネスの世界記録認定を受けている

こち亀ですが

 

なんとついに終わるということが

本人の口から発表されました。

 

 

  1976年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が、約40年におよぶ連載に幕を閉 じることが3日、分かった。17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となる。神田明神(東京都千代田)で3日に行わ れた同作の“巨大絵巻物”の奉納式で発表された。

作者の秋本治さんは「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも 描きたい気持ちもある。これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。今後の展開は未定。次の作品の構 想もあります」と語った。終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが 一番かな?と考えた」と説明。「両さんというキャラクターが面白い。キャラクターと出会えたのはうれしい」と話した。

「こち亀」は、東京 の下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。1976年から「週刊少年ジャンプ」で連載 されている長寿作で、コミックスは199巻まで発売されており、累計発行部数は約1億5000万部を誇る。テレビアニメシリーズが1996~2004年に 放送されたほか、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さん主演でドラマ化、実写映画化もされた。

引用:http://mantan-web.jp/2016/09/03/20160903dog00m200014000c.html

 

すべてのものにはいつか終わりが来ます。

 

もちろんこち亀もいつか終わります。

 

それはわかっていましたが、

それでも40年以上続きていた

こち亀が終わることはショックですね…。

 

物心ついた時からずっと連載して

いたものが終わるという感覚は、

本当にとても不思議なものです…。

 

連載終了の予兆はすでに現れていて噂になっていた


スポンサーリンク


 

こちら葛飾区亀有公園前派出所という

漫画は、たびたび連載終了や最終回の

噂が起こっていました。

 

というのも、こち亀は連載が

世界記録という強烈な属性を

持っています。

 

そのせいで逆に普段から

その真逆の終了という言葉を

意識することになってしまうのです。

 

しかし、ここ最近囁かれていた噂は

ちょっと今までとは違うもののように

見えました。

 

 

その噂の根拠になっていたのは

191巻以降、単行本の大幅な増ページ

そして値上げです。

 

190巻までの単行本では年6冊程度の

発売ペースでしたが、191巻以降の

ここ2年くらいは4冊ほどに減り

ページ数もなんと1.5倍ほどに

増量されています。

 

それにともなって単行本の価格も

100円ほど値上がりました。

 

 

このページ増や金額を上げることの

理由が不可解だったために、これは

何らかの調整なのではないかと

一部でささやかれていました。

 

この調整の理由こそが200巻に

何か辻褄を合わせようとしている

つまり、200巻で最終回になるのでは

というものでした。

 

 

そして、今回の噂こそは

的中してしまっていた

ということになりました。

 

 

なぜこち亀は終了することになったのか?

 

やはり気になるのは

連載が終了することの理由です。

 

今回この最終回の発表された

40周年絵巻奉納会での

秋本治先生の発言を見る限りは

なにか後ろ向きなものでは

ないようです。

 

終了を意識し始めた時期について「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。おめでたい時に終わるのが 一番かな?と考えた」と説明。

 

 

この漫画に関しては、記録的な連載に

なった段階から、常に終わらせ方を

意識していたのではないかなとは思います。

 

こち亀はこのスタイルを続ける限り

やる気になれば永遠に続けることも

可能な漫画だと思います。

 

しかし、あえてそれを

終わりという形にする。

 

それも、病気などの健康上の

問題でなく、不人気からの

打ち切りでもなく。

 

あくまで節目で

終わらせるために終わらせる。

 

そんな、秋本治先生の美学のような

ものが、今回の最終回の理由なの

ではないかなと私は受け止めました。

 

 

実際のところは、ご本人にしか

わかりませんけどね(笑)

 

もしかしたら、大人の事情とか

何かあるのかもしれませんし。

 

 

みなさんは、いかがお感じに

なりましたでしょうか?

 

 

秋本治はこち亀でいくら稼いだのか?


スポンサーリンク


 

下世話な話ですが

ちょっと気になるのが

この漫画でいくらくらい稼いだのか…

というところでしょうか?(笑)

 

分かる範囲では199巻までで

1億5000万部(!?)売れています。

まあとてつもない数字ですね…。

 

現在、少年漫画の単行本の印税が

およそ10%ですので、ざっくりと

計算しますと、単行本の印税で

通算60億円の収入となります。

 

これに加え、アニメやドラマ

それにグッズやゲームなどなどの

権利収入が入ってきます。

 

版権や権利の収入は割り出せませんが

少なくとも数億~10億を上回るような

金額なのは間違いないでしょう。

 

一応原稿料は、ベテランの相場観として

1ページ1~3万円程度かなと予想されます。

その計算で40年でおよそ5000万円前後と

いったところでしょうか?

 

他の金額が凄すぎるので、原稿料は

ちょっとインパクトが少ないような

気がしてしまいますね(笑)

 

 

秋本治先生は、スタジオという形で

アシスタントさんなどを雇っておりますが

それでも、主たる製作者は一人ですし

アシスタントさんなども

それほどすごい人数ではないですよね。

 

一つの作品でこれだけの金額を

生み出したと考えると、こち亀の

凄さがより伝わってきます…。

うーんすごいです。

 

 

最終話のジャンプと最終コミック200巻の発売はいつ?

 

気になる最終話が掲載される

ジャンプはいつ発売になるのか

というところですが、今月17日発売

週刊少年ジャンプ42号となるそうです。

 

そして、最終巻である

こちら葛飾区亀有公園前派出所200巻の

発売日は、2016年9月17日発売予定

とのことです。

 

 

あれ…?

同じ日ですよね…(笑)

 

こんなすごいスケジュールって

成立してるんでしょうかね?

 

不思議な感じもしますが

最終話、最終巻ともに9月17日

運命の大団円の日となるようです。

 

 

今年は週刊少年ジャンプだけでも

BLEACHとニセコイという

長期大人気漫画が終了しています。

 

世間ではSMAPの終了が話題に

なったりしていますし、今年は

本当に、いろいろなものの何か

変化の節目の年なのかもしれませんね…。

 

残り4ヶ月ほども、まだまだ2016年は

気が抜けない感じですね…。

 

 

 


スポンサーリンク


 - アニメ, カルチャー, 漫画