愛国日本人代表ラモス瑠偉さん脳梗塞で緊急入院!?日の丸好きエピソードなど

   

こんにちは!境子です!(;´Д`)

 

 

見た目と名前は外国人風でありながら

誰よりも日本人らしい

素敵な男子代表ラモス瑠偉さんですが

 

なんと脳梗塞の疑いで緊急入院された

とのニュースが流れました!

 

心配ですね……。

 

 

気になりましたので

脳梗塞的なお話と

愛国者的なお話を

少し記事に書いてみました。

 

 


スポンサーリンク


 

ラモス瑠偉さん29日午前7時20分頃脳梗塞の疑いで緊急搬送されていた!

 

衝撃のニュースは、昨晩突然友達からの

連絡で教えてもらいました。

 

そして、報道を見てみると

このように伝えられていました。

 

ラモス瑠偉氏 脳梗塞の疑いで緊急入院、意識あり会話可能 元日本代表MF

サッカー元日本代表MFでJ2岐阜前監督のラモス瑠偉氏(59)が脳梗塞の疑いで緊急入院したことが30日、分かった。

関係者によると、29日午前7時20分ごろ、都内にある自宅のベッドから落ちているところを夫人が発見。病院に緊急搬送され、脳梗塞の疑いで治療と検査をしている。入院先ではベッドで寝ている時間が多いが、意識はあり、会話も支障がないという。事務所関係者は「発見が早かったため大事には至らずに済んだ」と胸をなで下ろした。

ラモス氏は、77年にブラジル・リオデジャネイロから来日。読売クラブ、V川崎(現東京V)、京都で指令塔としてプレーした。89年には日本国籍を取得。日本代表としても“ドーハの悲劇”と呼ばれた93年W杯米国大会最終予選で日本をあと一歩でW杯へと導く活躍をした。98年に現役を引退後は、ビーチサッカー日本代表監督、東京V監督などを歴任。14年からJ2岐阜の指揮を執っていたが今年7月、成績不振やクラブ体制の刷新を理由に解任された。来年1月8日、静岡県静岡市で開催される日韓元代表による交流戦に出場を予定している。

30日夜にラモス氏のオフィシャルサイトでも「活動休止のお知らせ」が掲載され、「現時点ではどれほどの入院期間を要するかは未定」と発表した。さらに「早期復帰を目指し家族及びスタッフ一同サポートして参りますので、どうか温かく見守り下さい。突然の休養により、関係者各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しますこと、心より深くお詫び申し上げます」としている。

引用:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/30/kiji/20161230s00002000219000c.html

 

 

驚きましたが、意識もあるとのことで

とりあえずは一安心といった

ところでしょうか……。

 

 

「発見が早かったため大事には至らずに済んだ」

 

脳梗塞の場合には

これが重要なんですよね……。

 

 

朝、奥さんがベッドから落ちている

ところを発見と書いてありますが

 

実は私も父親が脳梗塞になった時

全く同じ状況だったので

当時のことを記事を読みながら

思い出してしまいました。

 

 

最初、酔っ払ってふざけてるのかと

思ったのですが、実は深刻な状態で……。

 

 

なかなか普段想定していない状況と

いうのは、パッと見では判断が

つかなかったりするものなんだなと

 

後で思いましたが、兎にも角にも

早期発見で事なきを得たのも

ラモス瑠偉さんのケースと同じでした。

 

 

ラモスさんも、まだ昨日の今日ですので

どのくらいで復帰されるかなどは

まだわからないとは思いますが

 

まずはしっかり検査など経過を

観察していただきたいと思います。

 

 

日本人より日本人らしいラモス瑠偉さんの日の丸好きエピソード


スポンサーリンク


 

ラモス瑠偉さんはブラジル生まれで

リオデジャネイロ出身。

 

1977年に来日し、読売クラブで長く活躍。

ヴェルディ川崎に至るJリーグの設立と

人気の立役者の一人でもあります。

 

現役は98年まで続け、その現役時代の

89年に日本に帰化しています。

 

 

サッカー選手としての輝かしい成績は

もちろんなのですが、ラモス瑠偉さんは

とても日本への愛国心を強く感じる

エピソードがたくさんあることでも有名です。

 

 

自伝の中でも、日の丸への熱い思い

かなり長い文章で語られており

 

実際、長らく日の丸がついていなかった

サッカー日本代表ユニフォームに

日の丸のエンブレムが入るように

なったのも、ラモス瑠偉さんの

働きかけが大きかったそうです。

 

 

そしてついに2010年にそれが

実現したときには、こんな

コメントを残しました。

 

「日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ」

 

 

自伝の中では、他にも

このような一文があります。

 

「日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ」

 

実際、ラモス瑠偉さんは

輝かしい成績の多くを帰化した

後から作っているのんですよね。

 

 

ビーチバレー監督時代には

こんな発言も。

 

「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから。日本人になった期間は短いけどオレは日本人だよ」

 

素晴らしいですね……。

 

 

移民も、移民国家ブラジルでの経験を

踏まえ、日本人として明確に反対を

表明しており、TV番組で

鳥越俊太郎さんに徹底抗戦する場面も(笑)

 

 

帰化や二重国籍が悪く言われる風潮に疑問符

 

他にも、書ききれないほどの

愛国者としてのエピソードが

あるラモス瑠偉さん。

 

この愛国心は、帰化したから

ということもあると思います。

 

 

通常、帰化をする時には、離脱する

母国や、新しい国家への帰属に対して

ものすごい葛藤や覚悟が求められます。

 

そして、新しい国で生きていく

決意をし、帰化を選択します。

 

 

私達日本人にはなかなかそういう場面は

想定できませんが、この国家を選択する

覚悟というのはものすごいもので

 

新しい国の国民になるときには

より国と自分のあり方を

意識するものだと言われています。

 

 

最近では、帰化や二重国籍が悪く

言われることが多い傾向がありますが

 

これは残念ながら某大陸系や

某半島系の方たちの素行の悪さに

よるもので、必ずしも全体的な実態に

即したものではないと言えます。

 

 

例えば中国から帰化した石平さんなども

バリバリ愛国者ですよね。

 

戦中の在米日本人も、アメリカ人

として立派に戦ったと言います。

 

こちら側の感覚のほうが

日本人としては納得ですよね。

 

 

むしろ、国籍を単なる肩書や

ましてや便利なツールだなどと

考える人のほうが異常なのだと

私は思います。

 

 

ラモス瑠偉さんの振る舞いも

まさに日本的であり、お花畑の

名ばかりな一部の日本人に比べて

遥かに立派な日本人と言えるでしょう。

 

 

今後の予後はどうなるのか?

 

これは私の経験からになりますが

やはり脳梗塞というのは

ある程度後遺症が残る

可能性が高いと思われます。

 

ですので、リハビリを行いつつ

段々と回復を目指す形に

なる可能性が高いかなと。

 

早くても数ヶ月にわたる

治療になってくると思います。

 

 

1月8日の交流戦などはもちろん

無理でしょうし、人間最高の

ブラックボックスである脳のこと

ですので場合によってはかなり

時間がかかることもあるかと思います。

 

 

逆に、ラモス瑠偉さんほどの

身体スペックがあれば

普通の人よりも回復も

早いかもしれませんけどね!

 

 

今は、一日も早い回復を

お祈りするばかりです。

 

明日、お正月の日の丸を

ラモス瑠偉さんのためにも

掲げたいなと思います。

 

 


スポンサーリンク


 - サッカー, スポーツ